ANGEL POLICY / エンジェルポリシー

Stampin’ Up! は、Stampin’ Up! の著作権対象イメージを、販売目的で製作する自身の手作りクラフト作品やその他のプ ロジェクトに使用したいと希望するアーティストを歓迎します。したがってStampin’ Up! は、以下の基準に基づき、販売用製品を製作する目的でStampin’Up! のイメージを使用するための制限付きライセンスの形式で許可をいたします。

1.

販売用に制作した手作りクラフト作品は、販売するアーティストが自ら個別に製作しなければならず、写真を含むいかなる手法のいかなる形式(画像、電子的または機械的形式)によっても複製または複写してはなりません。大 量生産、流れ作業の組立て、人を雇用しての製造または販売用クラフト作品のシンジケート化は厳禁です。販売を意図してデジタル形式で製作されるプロジェクトは、販売するアーティストが直接製作しなければなりません。

2.

Stampin’ Up! のイメージはすべて著作権で保護されます。つまりそれらは許可なく複製することができません。これらの著作権が認められた権利を保護するために、Stampin’Up! のイメージを用いたすべての販売用製品は、カ タログに記載された公式なStampin’Up! 限定ライセンスのスタンプセットのイメージの1つを付けて標示されなければなりません。

3.

本規約に定める制限に従う手作りの販売用クラフト作品には、数量の制限はありません。

4.

完成した手作りのプロジェクトは、競合および非競合の常設小売販売拠点に加え、一時的なクラフトイベント、コ ミュニティの募金活動およびインターネット上で販売することができます。手作りまたはデジタル形式で製作した プロジェクトを販売する際、販売者はその製品が販売者により手作りまたは直接製作されたものであり、当社の製品ではないことを明確にしなければなりません。販売者は、使用したサプライはStampin’ Up! のものであると示すことができますが、手作りプロジェクトの販売を宣伝する目的で、Stampin’Up! ロゴをいかなる方法 でも使用してはなりません。

5.

Stampin’ Up! のイメージをロゴや企業の商標をつくる為に使用してはなりません。

6.

Stampin’ Up! のイメージを含むいずれかの種類のデジタルファイルは、いかなる条件のもとでも販売することはできません。

7.

販売用に手作り製品を製作する人は、税法の遵守に責任を負います。

8.

本エンジェルポリシーを利用する人は、その作品の適合性に一切の法的責任を負い、その作品に起因した紛争から Stampin’ Up! を補償することに同意します。

9.

Stampin’Up Japan合同会社は、Stampin’Up! Inc(. 米国ユタ)系列会社で、日本の法令に従い設立された会社です。本契約および規約は、日本法に準拠します。何らかの法的手続きや紛争が生じた場合は、日本の裁判所の管轄 となり、東京地方裁判所を所属管轄とします。Stampin’ Up Japan合同会社がいかなる権利の行使を行わなかった としても、かかる権利を放棄したということにはなりません。